スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

昭和レトロ家電展

DSCN7666DSCN7682

今、天神橋6丁目の大阪市立住まいのミュージアムで開催されている

昭和レトロ家電展を見ました。大阪千林の増田健一さんとおっしゃる

方のコレクションです。昭和30年代は「三種の神器」といわれた白黒

テレビ、洗濯機、冷蔵庫をはじめとする様々な家電製品が誕生し家庭

に普及しました。近代的な家電は暮らしの豊かさの象徴であり、庶民

のあこがれでした。我が家にも洗濯機がやってきた時の母の喜んだ姿

が思い出されます。ローラーで絞って脱水するなんてしわしわになる

ので、今では考えられませんね。お隣のお宅がテレビを買われたら、

弟がお隣に行ったまま帰らなくなり、いたし方なく我が家もテレビを

買いました。これらの家電を見ながら懐かしい子供の時代を思い起こ

しました。それにしてもこの50数年位の進歩は凄いものですね。写真

を撮る事が許されなかったので、スケッチをしてきました。


拍手する

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。